散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅で出あった風景

<<   作成日時 : 2007/04/18 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

画像




















大学時代の友人4人と、信州桜めぐりの旅をしました。

一昨年は、白神山地のブナの林を歩く東北の旅。
昨年は、それぞれにのっぴきならない事情があり、実行できませんでした。
そして、今年の春は、信州桜めぐりの旅。
かれこれ30年以上もの付き合いになる、気心のしれた友達との嬉しい旅です。

信州。。。。何度訪ねても憧れの場所です。
今回の旅は、信州といえども、なんと走行距離1100キロ近い遠出です。
大阪までは新幹線。そこからバスに乗り込んでのツアーの旅でした。

この旅に飛び付いた訳は、信州の風景に再会できるから。
そして、何よりも日本三大桜。。。。
山高神代桜に会えること。
樹齢2000年以上とも言われ、日本最古にして最大の桜とも言われている桜なのです。

大阪から、京都、滋賀。岐阜。愛知、長野、山梨。
とにかく走った!走った!という感じです。
なんと、大阪から6県もまたいでの旅なのです。

桜、菜の花、はなもも、木蓮、コブシ、レンギョウ、山つつじ。。。。。心弾む風景が広がります。
何といっても嬉しかったのは、アルプスの山々がくっきりと見えたこと。
バスガイドさんは、山に格別の思いを抱いておられるようでした。
山が見えてくるたびに、熱っぽく名前を教えてくださいます。

北アルプス連邦、南アルプス連邦。中央アルプス連邦。八が岳連邦。
私達は、興奮しながら、雪を頂く美しい峰々を見つめました。
八ヶ岳が左側の窓に広がったときは、窓に額をこすりつけるようにして
見入ってしまいました。
ブログのお友達の「森の生活さん」が、度々紹介してくださった山ですからね。(*^-^)
目を凝らして、阿弥陀岳を探していました。

山梨県の神代桜に向かうころは
うっすらでしたが富士山を見ることもできたのです。
車内はどっと沸きあがり、歓声をあげながら、視線は富士山に集中しました。
富士山が見えるなんて。。。想像すらしていませんでした。
山梨県にまで入ってきたのです。


先ずは、長野県伊那市にある高遠城址公園、
小説の中の女学生が、ほほをぽっと赤く染めたような。。。そんな可愛らしいピンク色をしています。
コヒガンサクラです。
画像




















長野県須坂市にある臥竜公園
日本桜名所100選に選ばれており、公園の中には800本のソメイヨシノが植えられているとか。
池の周りをぐるっと取り囲むように、150本ほどのソメイヨシノが立ち並んでいます。
臥竜公園で心に留まった風景です。

小さな枝垂れ桜が、池の水面に垂れ下がっています。水面にゆれる影がきれいです。

画像




















枝垂桜の下を縫うようにして、可愛いかもたちがやってきました。

画像




















この旅で一番楽しみにしていた「神代桜」との対面です。
残念ながら、花はすっかり色あせていましたが、傍に立つだけでぐいぐい吸い込まれるような迫力を感じます。
樹齢2000年の立ち姿に圧倒されます。太い幹は朽ちていますが、風雪に耐え抜いてきた
すさまじい命を感じます。
画像




















永い時の流れにじっと耐え、2000年もの間、ただ一度も休むことなく花を咲かせ続けてきたそうです。
神代桜は、村の小高い山高地区にある実相寺で生き続けてきました。
根回り13.5mは、勿論日本一。エドヒガンの古木です。
大正11年10月に国指定 天然記念物に定められたそうです。
昔は、高さ30メートル、枝張りも30メートルに及んだとか。

2000年の歴史を物語るような幹です。凄いとしかいいようがありません。
幹の内部が見え、えぐりとられているような姿をさらしています。
昔の姿に比べると、枝の半分ほどは朽ちているそうです。
痛々しい姿に言葉を失いますが、それでも空に向かって枝は伸びています。
生き続けるということ。。。。想像を絶するエネルギーだと思います。
こんなにも老いてなお、毎年見事な花を咲かせ、人々の気持ちを揺さぶり続ける。。
ただただ心を打たれます。

2000年の命の灯火を決して絶やさぬよう。。。。たくさんの人々の祈りを感じました。

画像



「醍醐桜」と同様、しっかり支えてもらっています。
画像



実相寺の境内では、桜と水仙の共演が見られました。
いつまでもいつまでもその場所に留まっておきたいような気持ちになりました。
画像






















画像



















画像




















少し強行な旅でした。
大好きな信州の風景に、じっくりと触れることはできませんでしたが
飛び込んでくる山々、川、空、そして咲き乱れる花達。。。しっかりと心に焼きついています。
2000年の命にも、たくさんのことを教えてもらったような気がします。
またいつか。。。。会いにいきたいです。


毎度のことながら、今回は特に長い帯になってしまいました。
最後まで見てくださった方。。。。本当にありがとうございます。(*^-^)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
醍醐桜に驚いていましたが今度は樹齢2000年の神代桜のド迫力、只々驚きました。高遠の桜も有名ですけど、諸々サクラ尽くしの旅でしたね。
おまけは富士山。今年はまだ表は雪がかなり残っています。(例年北側では積雪が少ないようですけど)霊峰を拝めただけで満足ですよね。大自然の営み、生命力のすごさを眼のあたりにして、一輪草さんたちがこんな企画に飛びつくところにグループの皆様のお元気な若さを強く感じます。旅って本当にいいもんですね。
目黒のおじいちゃん
2007/04/18 05:37
信州と甲州の桜の名所、天気もよくてよい旅でした。山もよく見えて、富士山まで見えましたか。よかったです。この時期は雲が多くてなかなか見られないのです。
神代桜はいつみてもすごいですね。いつまでも花を咲かせてほしいものです。
森の生活
2007/04/18 08:44
はじめまして、お邪魔します。
”花”で見ていたら!辿り着きました。
醍醐桜凄いですね〜ぇ樹齢2000年の神代桜もまたまた
凄いです。
香りもいいでしょうね?
あい様
2007/04/18 09:26
一輪草さん こんにちは
桜巡りの壮大な旅 言葉にならないほどです。お友達との旅を心ゆくまで満喫なさった事でしょうね。
どのお写真も文章も素敵だな〜と思います(いつも溜息ついてますよ〜^^)
それにしても、めいママと同じ神代桜を見てこられたんですね。本当に偶然とはいえびっくりしました。岡山からですものね^^
いつの日か・・めいママも醍醐桜にも会いに行けたらと願っております。
http://blog.livedoor...
2007/04/18 16:08
一輪草さん こんにちは
桜巡りの壮大な旅 言葉にならないほどです。お友達との旅を心ゆくまで満喫なさった事でしょうね。
どのお写真も文章も素敵だな〜と思います(いつも溜息ついてますよ〜^^)
それにしても、めいママと同じ神代桜を見てこられたんですね。本当に偶然とはいえびっくりしました。岡山からですものね^^
いつの日か・・めいママも醍醐桜にも会いに行けたらと願っております。
めいママ
2007/04/18 16:08
一輪草さん ごめんなさい
間違って二つ入ってしまいました。一件 削除お願いします。
めいママ
2007/04/18 16:10
素晴らしく綺麗な写真なので嬉しくなりました
醍醐桜もいいけれど まだその上の桜があったのですね
私はまだ見たことがないのでじっくり写真と文章を見せていただきました
お友達との桜めぐりいい旅行になりましたね。
kumi
2007/04/18 17:08
前記事の【醍醐桜】に続きまたまたこの【神代桜】
圧巻です・・・1000キロの旅をして2000年の桜に会いに行くというそのお気持ちにも頭が下がります
とてもいいお仲間がいらっしゃるのですね羨ましい限りです
私のは3000キロを空からの移動・・富士山は雲の上からです
私にもいつかひとり旅でなく地上をゆっくりと友と旅をする日が来るでしょうか。。。
べじまき
2007/04/18 20:41
見事な桜ですね〜樹齢2000年の桜。
いつまでも眺めていたくなります。私もいつか見に行きたいな♪
桜のちょうどの時期に行き合わせましたね。
みかん
2007/04/18 21:45
どの場所も何度か訪れたところで頭の中の見取り図と
見比べながらお話を追っていました。
神代桜は畏怖の念さえ覚えてしまいますよね。
そこへの道すがらもいいでしょう?
その辺りはワイン工場も結構あるんですよ。
多分そこに向かう前方に富士山が現れてくるんですよね。
富士見パノラマの帰り、眺めながら帰ったものです。
今年は特にその辺りは風林火山で盛り上がってますね。
5月の連休、noba旦はそのあたりまで渓流釣りに向かいます。
5年の甲府生活が懐かしくて胸キュンになりました。
お尻のあたりは大丈夫?しかし、皆さん。お若いですね。
すてきな企画でしたね〜(*^-゚)⌒☆
nobara
2007/04/19 22:20
目黒のおじいちゃん、こんにちは!いつも本当にありがとうございます。
学生時代からの友人と年に一度の旅行なんですよ。千年の桜。。二千年の桜。。ほんとうにすさまじいほどのエネルギーを感じました。
まさに自然の営みの不思議さと偉大さですね。畏敬の念を感じます。
富士山は、新幹線の中でしかみたことがないので、憧れです。(*^-^)
それも、運が悪いことにかすんでばかり。。
今回も、食い入るように見つめて、やっと目に入る程度でしたが、霊峰を拝めたことに感謝ですよね。大阪からバスの旅で、富士山にもあえるなんて思いもかけませんでした。
はい!そのとおりなんです。このグループは、みんな元気者ばかり。顔は何ともいえませんが、心身ともに若い気でいます。(*^-^)
一輪草
2007/04/20 13:49
森の生活さん、こんにちは!いつもありがとうございます。
正直言って、2000年の桜ということばかりに思いが飛んで、山梨県に存在するなんて思いもよりませんでした。信州から、甲州になるんですね。「東京」という標識が目に入ったときは、もうびっくり!
山梨まで来た。。。驚愕でした。(*^-^)
八ヶ岳が、凄く大きくはっきりと見えました。森の生活さんの定点観測の記事を思い出していました。阿弥陀岳の形を思い出しながら。。
安曇野から見た常念岳を見ることもでき、感激でしたね。
友達が、霧ヶ峰から、八ヶ岳の彼方に富士山を見たと興奮していましたが、気持ちが凄くわかりました。本当に嬉しいものですね。
神代桜。。。痛々しい姿でしたが、これからも静かに命を燃やし続けてほしいですね。
一輪草
2007/04/20 14:03
あい様、こんにちは!たくさんの記事の中から、この場所にたどり着いてくださったのですね。ありがとうございます。
醍醐桜は、県北にあります。私は県南に住んでいますから、移動も大変なのです。高速は自信がないし、景色を眺めながらののんびり運転が好きなのです。この日も、途中でお花を撮りながらの行程です。
醍醐桜はほぼ毎年見に行っているんですよ。山里のおばあちゃんとの会話も楽しみだし、なんと言っても力をもらえます。春に、この桜を見たら、何かいいことが待っていてくれるような。。。。そんな感じですね(*^-^)
神代桜も、凄かったです。畏敬の念ですね。
でも、朽ちた幹から、新しい枝が生まれているのです。感激でした。
香り。。。あまりにも高すぎてわかりませんが、どうなんでしょうね。
ほのかに甘い優しい香りがするような気がします。想像ですが。。(*^-^)
一輪草
2007/04/20 14:12
めいママさん、こんにちは!いつもありがとうね。きっと私のブログが凄く重たくなっているのだと思います。なかなかコメントが入らなくて大変だったでしょう。ごめんね。桜巡りの壮大な旅。。。。ほんと!まさにその通りでした。めいママさんの所からでも3,4時間はかかるのでしょ。岡山から行くのですからね〜友達にも笑われました。凄いエネルギーって。(*^-^) でも、神代桜と実相寺の風景は圧巻でしたね〜。まさかめいママさんも同じ場所に立たれたなんてね!ブログを見てわ〜〜〜〜という感じでした。神代桜は余りにも痛々しかったけれど、毎年花をつけてくれるのですね。めいママさんは、一番見頃な時期に行かれたのでしょう。花の時期は逸していましたが、本当に頑張って行ってよかったです。
一輪草
2007/04/20 14:22
kumi さん、こんにちは!いつもありがとうございます。
桜の時期も終わりましたね。先日友人が新庄のがいせん桜を見に行ったそうです。なんだか桜がかわいそうだったとか。。。酒津の桜のほうがよかったと言っていましたよ。
岡山県にも桜の名所はたくさんありますね。来年、もし醍醐桜を見にいかれたら、帰り道の「岩井の大桜」にも会ってあげてくださいな。
ひっそりとした場所に咲いていましたが、その優しい立ち姿に感動しました。
写真のこと。。。kumi さんの写真にはとても及びません。写す視点をいろいろ勉強させていただいています。これから、五重の塔のあたりも蓮華草で包まれますね。嬉しい季節になります。
慣れ親しんだ旧友との旅は、また格別の味わいがありますね。私も、そのうち父の介護が始まることでしょう。行ける間に。。。そう思います。
一輪草
2007/04/20 14:31
べじまきさん、こんにちは!ありがとうございます。べじまきさんは、千葉の方なんですね。(*^-^)学生時代の友人がやはり千葉にいます。数年前、房総半島の花巡りに誘われました。暖かいところなのでしょうね。やはり海の近くですか。大阪から千キロ以上の旅。。。今から考えても、よく走ったなあと。(*^-^)でもね、車窓からの風景は本当に見ごたえがありましたよ。瀬戸内では決して見られない風景ですものね。感激屋の私は、興奮しっぱなし。。(*^-^) 空からの富士山。。私は見たことがないのです。いまだに飛行機が苦手で。。。たとえ乗っていても窓から下を見ることができないのです。体中、こちこちで。。。(*^-^)おかしいでしょう。お友達との旅。。。べじまきさんにもそんな機会はきっとありますよ。私も、こんな風にのんびり旅ができるのは、3年前からなのです。それまでは、日々戦場のような忙しさでした。今ほっと一息の時期でしょうか。
一輪草
2007/04/20 14:49
みかんさん、こんにちは!いつもありがとう。
みかんさんの山行きは本当に最高ですね。今、山に登ったら、あんなにもたくさんの山野草に出会えるのですね。
私にとっては、なんだか夢のような世界です。
今度は、船通山に登ります。時期が遅く、カタクリの群生が見られるとか。2000年の歴史をもつ「イチイ」の樹にも会えるとか。。
楽しみです。
みかんさんが近くだったら、ついていって憧れの花達に会いたいものです。一昨年、礼文、利尻を旅したときに出会えた「エンレイソウ」を思い出しています。山の中に咲いているんですね〜。
伊吹山の山登り。。。今年こそ!一緒に行ってくださいね。
神代桜は時期をかなり逸していました。満開のときだったら、ますます圧巻だったろうと思います。
2000年も生き続けた桜の樹に、今会えるなんて、凄いことですよね!
みかんさんも是非一度見に行ってくださいね。
一輪草
2007/04/20 15:04
nobaraさん、こんにちは!いつもありがとうです。
nobaraさんは、この場所に何度かこられたのですね〜。甲府での生活が5年間ですか。
私は、お気楽だから、神代桜は信州とばかり思っていました。まさか山梨にあるとは。。。だから、富士山が見えたときはもうわ〜〜〜でした。
ガイドさんが「富士山が見えますよ〜」と興奮して指差してくださるのです。ラッキーなことに、このとき、私は一番前の席に座っていたのです。
nobaraさんが言われるように、車の前方に見えました〜。もう黄色い声の出っ放しです。(*^-^)
神代桜がある場所はのんびりとした山里でした。桜と共演するように、真っ白いプラムの花がたくさん咲いていて、甲斐駒ケ岳が遠くに見え。。
思いっきり深呼吸をしましたよ。本当に素敵な場所でした。他の観光バスは、ワイン工場に行ったみたいですよ。さすが、山梨ですね!
ご主人は、このあたりで渓流釣りですか。。雪解けの水も清らかで、気分は最高でしょうね〜。羨ましいです!
はい!腰も足もかなり痛かったです。若いつもりだったけど。(*^-^)


一輪草
2007/04/20 15:28
初めまして。
目黒のおじいちゃんさんからコメント貰って来てみました。
ステキなサクラの数々、楽しませて頂きました。ありがとう。


ほろ酔いフクロウ
2007/04/22 00:29
遅くなりました。
私の故郷の桜のたびをされたのですね。
嬉しいです。
特に臥竜公園に行かれて嬉しいです。
私の好きな公園でしかも思い出のつまった公園のひとつです。
なつかしさでいっぱいです。ありがとうございました。
ろこ
2007/04/22 07:57
ほろ酔いふくろうさん、こんばんは!初めまして。目黒のおじいちゃん経由で来てくださったのですね。わざわざ遠いところからありがとうございます。(*^-^) 高遠の桜は、淡いピンク色のコヒガン桜が多かったですね。青い空に映えてとても見事でした。ほろ酔いフクロウ さんは個人でいらしたので、南アルプスの山々もゆっくり眺めることができて本当に羨ましいです。残雪を頂く木曽駒が岳の風景と一緒に眺めたらどんなに素敵だったろうと思います。私は、ツアーでの参加でしたから、広い園内を駆け足で巡るのがやっとでした。でも、見渡す限りのさくらには、圧倒されましたよ。高遠という地名の響きも好きですから、またの機会にゆっくりと歩いてみたいと思います。
一輪草
2007/04/22 23:39
ろこさん、こんばんは!早朝よりありがとうございます。
ろこさんの故郷は信州でしたね。大好きな安曇野にも近いようなので、とても羨ましいです。ときどき帰られますか。
この日の臥竜公園は、まだ満開というわけではありませんでした。
でも、池の周りをずっと取り巻く桜の花は何とも素敵でしたね。
ろこさんの思い出の場所とか。。。きっと若かりし頃の甘酢っぱい思い出が詰まっているのではないでしょうか。想像を膨らませています。(*^-^)
でも、なにしろ、忙しいツアーの旅。。歓声をあげながらカメラを向けていると、あっというまに時間がたってしまって。。
はっと気がつくと、集合時刻まであとわずかしかありません。
走って走って、走りましたよ〜。四人そろって、息をきらしながら。
足がもつれてこけそうになったり。。(*^-^)
やはりゆっくりと個人で行くのが一番ですね。
来年の春は、安曇野をまたゆっくりと歩いてみたいと思っています。

一輪草
2007/04/22 23:50
お久振りですね〜(旧姓 ひとりしずか)です
又綺麗な写真やお話が楽しみです。
http://mykit.jp/pc/s...
2007/04/23 16:19
こんばんは。
なかなかハードなツアーでしたね。
親しい友人と語り合いながらの旅行で
長い車中も苦にならなかったと思います。
女性の方はどんな話をされるのでしょうか?
近況、家庭そしてお孫さんの話でもするのでしょうね。
男同士だと仕事の話がほとんど面白くとも
なんとも無いですよ(笑)

高遠は数回行ったことがありますが
まだ桜を見たことがありません。
シーズン中は車で大変な渋滞になると聞いた事は
ありますが何時か桜の時期に訪ねたいと思います。
神代桜には綺麗と言うより威圧感に似た迫力を感じます。
きっと日本の大和の時代から平安、江戸、明治維新、そして
悲しい大東亜戦から現代までジッと見てきたのでしょう。
何本もの松葉杖に支えられ少し可愛そうですが
「来年も咲かそう!」と桜を支える地元の人や
桜に携る方の愛情を感じます。
神代桜も人々の熱意にこたえ頑張っているんでしょうね。

リーゼント
2007/04/23 18:38
神代も 人という字に 支えられ

(七枚目お写真を見て。)
Akira
2007/04/23 23:33
こんばんは。遅くなりました。
実相寺の桜、水仙との競演もきれいですね。
一輪草さんより遥かに近い所に住んでいながら、信州の有名な桜を愛でる旅はあまりした事がないのです。 
一度だけ、車で高遠城址の桜(タカトウコヒガンザクラ)を見に行きましたが、
駐車場に入るまで大渋滞でした。もう、こりごりです。(笑)
桜めぐりは、ツアーバスの方が賢明かもしれませんね。
ツアーに、何でも感激してくれる一輪草さんみたいな人がいると、多分ガイドさんも案内のし甲斐があるでしょう。(^^
神代桜は、朽ちた幹が木というより偉大なモニュメントみたいですね。
月野ワッ熊
2007/04/24 20:58
ひとりしずかさん、こんばんは!ありがとうございます。
確か、「れんげしょうま」を記事にしたときに来てくださった方ですよね。私は、勘違いをしていたようです。ごめんなさいね。
同郷のお友達にも同じ名前の方がおられて、その人とばかり。。
おんたけさんの名前が出ていたので、おかしいなあって思ったのですが。
今、その方のブログを訪ねてみて初めて分かった次第です。
アドレスを書いてくださっているのですが、どうも途中切れのようです。
ここを見てくださったら、もう一度アドレスを書いていただけますか。
私のブログをまた見つけてくださって、本当にありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いしますね。ありがとうございます。(*^-^)
一輪草
2007/04/24 22:18
リーゼントさん、こんばんは。また来てくださってありがとうございます。お元気にされていますか。
はい!かなりハードな旅でした。(*^-^)でも、私の友達は、みんな自然やお花が大好きな人ばかり。。車中では、風景に見とれて歓声をあげるか、疲れて眠るか。。。でも、断然!前者の方が長いですよ!(*^-^)
ハードでしたが、移り変わる風景は感動の連続そのものでした。
特に、雪を頂くアルプスの山々が次々に見えましたからね。ガイドさんの説明も語り口も、引き込まれるような魅力がありました。
それに、いかに山が好きであるか。。その気持ちがあふれるように伝わっ
てきて、それが嬉しかったですね。
アンケートの欄には、ガイドさんに「満点以上!」と書きましたよ(*^-^)
神代桜。。。そうなんですね〜。日本の「大和」の時代から生き続けているのですね。歴史のお好きなリーゼントさんらしい視点ですね。(*^-^)
またいつか会いにいきたいと思います。
一輪草
2007/04/24 22:29
Akira さん、こんばんは!お仕事でお疲れなところを、遅い時刻に来ていただきありがとうございます。
能登の旅をされたこと。。本当によかったですね。私は、24歳の冬に金沢から能登半島を一周しました。輪島の朝市で出あったおばあちゃんとは、今でもお手紙のやりとりをしているんですよ。新婚旅行地としては、思いもつかないような場所ですけどね。(*^-^)
今回には、注釈が添えられていたので、思わず笑ってしまいました(*^-^)
頭の回転の鈍い私ですから、またまた「人という字???」と思ったことでしょう。間違いなく!だから、この注釈はありがたかったです。(*^-^)
「人」という字そのものも、人間と人間が支えあっていることを意味しているのですよね。神代桜を支えている支え棒も、人と一緒ですね。
たくさんの人たちに支えられながら、これからも咲き続けてほしいです。
一輪草
2007/04/24 22:42
月の輪っ熊さん、こんばんは!年度初めのお忙しい中、ありがとうございます。お疲れではないですか。
先日の「花筏」という言葉。。。よかったですね。偶然にもあの後のお茶会で「花筏」というお菓子が出されました。本当にびっくりしましたよ。
桜が散る時期にふさわしい言葉ですね。日本語の美しさを感じます。
私の友人は、そろいも揃って、感激やさんばかり。(*^-^)アルプスの山々や花達を見て、すぐに声が出るのです。すぐにわ〜〜〜って思ってしまって。(*^-^)私達のグループは、偶然にも一番前の席でした。居眠りもせずに景色に見入っているでしょ。月の輪っ熊さんの言われる通りです(*^-^)
ガイドさんに褒めていただきましたよ!「嬉しいお客様です!」って。
お話の上手な素敵なガイドさんでした。旅のいい思い出になりましたよ。
神代桜の幹。。。本当、偉大なモニュメントみたいですね。命のモニュメントのような気がします。
「生きること」について、私達に問いかけてくれているような気がします
一輪草
2007/04/24 23:00
こちらにお邪魔する度に、素敵な旅をさせて頂いています。
水辺に映る景色と桜、見事な水仙と桜、どの写真も額に飾っておきたくなる写真ですね。そして、老いてなお美しい‘神代桜’静かにドッシリ生きている。ぶれない生き方出来たらいいですね。。。
美衣弥
2007/04/30 00:17
花ばかりに気を取られていたらこんなに素敵な写真見逃してしまいました。信州に来られたのですか?山国に住んでいても北アルプス、南アルプスには魅力が有ります。冬山、夕日の当たった山素敵です。高遠公園は観光バスで混み合いますので季節外れに行きます。凄い長旅だったのですね、びっくりしました。お疲れさまでした。信州はよい所いっぱい有ります又,お越し下さい。
ぶたねこ
2007/04/30 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅で出あった風景 散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる