春を告げる小さな花たち

画像


早春の訪れをひっそりと、しかし確実に告げてくれる花たち。。。

3月から四月にかけて、小さな可憐な花たちが姿を見せてくれるようになります。
待ちに待った山野草の季節。
新聞やテレビのローカル版を注意深く見聞きする季節が訪れました。

「草間台地に今年も雪割り草が咲き始めました」
まってました!とばかり、私の心は浮き立ってしまいます。
草間台地とは、うれしい出会いで記事にした場所です。
不思議なおじいさんと巡り会えた、記念すべき場所。。
そして、季節を追って、ありとあらゆる山野草が自生する場所です。

私と同じように、山野l草が大好きな友達3人を案内してあげることになりました。

嬉しいことに、この日は飛びっきりの晴天に恵まれました。
くねくねした山道をぐんぐん、ぐんぐん登って行きます。
雪割りそうに会える。。。わくわくしながらハンドルを握ります。
「雪割りそうって、どんな花?」
一緒に行く友達にとっては、初対面の山野草です。

おじいさんと出会った道を歩いて行きます。
4月か5月を思わせるような、暖かな日差しを浴びて
小さな白い花達が一面に咲いています。

雪割り草。。。
名前を聞いただけでも、その楚々とした姿が想像できるような気がします。

「わ~~可愛い!!!!」
感嘆の声をあげながらその場にしゃがみこんでしまいました。
よく見ると、同じ雪割り草でも、様々な色があることに気がつきます。
花を踏まないように、慎重に慎重に、山の斜面を登ってみました。

昨年の6月14日。。。初めてここを訪ねた日です。
おじいさんが投げかけてくださった嬉しい言葉が蘇ってきます。
「ロープをはっとらんじゃろう。上までいって、近くで見たらええよ。
本当に花の好きな人は、花を踏みつけたりはせんからなあ。。」
おじいさんとの、感動的な出会いでした。

雪割りそうに会えることを楽しみにしてきましたが
なんと!この日に出あった山野草は6種類。
同じ場所に、6種類もの山野草たちが仲良く同居しているのです。

先ずは雪割りそう。。。
花びらの色や形もさまざま。。。「みんなちがって みんないい」ですね。
とにかく可愛らしいのです。感動の連続でした。

画像画像

画像画像

画像画像