テーマ:

旅のおまけ(*^-^)

「失礼なことをお尋ねして申しわけございませんが、 宿の方にお忘れ物はなかったでしょうか。」 つい先日、突然九州から電話が入りました。 丁寧に宿泊のお礼を言われた後、おもむろにこう切り出されました。 事情をお聞きしながら 「もしかしたら、私のかも…」という思いが膨らんでいきます。 「わざわざありがとうございます。ち…
トラックバック:538
コメント:500

続きを読むread more

湯布院散策

今回の旅のスタートは湯布院でした。 父も妹も初めての場所です。 このツアーを選んだわけは、父が希望した「長崎」が含まれていること。 そしてもう一つの魅力は、湯布院自由散策の時間があること そしてそのまま湯布院に宿泊できること。。 少しでもゆったりと過ごせる時間があるからです。 父に、コースの相談をしたとき 『湯…
トラックバック:1
コメント:174

続きを読むread more

童心にもどって!

今回の旅行では、童心に戻ったような父を何度も見ました。 それが最高潮に達したのは、島原に向かう船の中です。 荷物をもっての移動は、父には大変だろうなあ。。 妹とあれこれ考えた末、結局ツアーの旅に参加することに決めたのです。 湯布院から、山なみハイウエーを通って熊本へ。 随分若かりし頃に、母と一緒に阿蘇に来たこと…
トラックバック:0
コメント:51

続きを読むread more

父のひとこと

「一緒に旅行に行かんかあ。。 Y子と一緒に3人で。。」 突然、父からの電話があったのは11月の中旬でした。 母が若くして逝ってしまった後、ずっと一人暮らしを続けてきた父です。 「何でも自分で頑張ってみたら、楽しいもんじゃなあ」 これが父の口癖です。 今まで一度だって、娘に頼みごとをしたことがありません。 できることは、…
トラックバック:0
コメント:57

続きを読むread more

ぶなの林への思い

なぜか、ぶなの樹に強く惹かれます。 白神山地のぶなの林を歩きたい。。。 その思いが遂に叶いました。 今回は、やむを得ずツアーの旅です。 白神山地を歩くと言っても、時間も距離も限られています。 でも、私にとっては、先ず第一歩! わくわくする気持ちで入り口に立ちました。 入り口のあたりで迎えてくれた「きつりふねそう」の花…
トラックバック:1
コメント:52

続きを読むread more

津軽の旅

気心の知れた学生時代の友人4人と、 みちのくを旅してきました。 ゆっくり、のんびり歩き通すことが好きなので 駆け足で通り過ぎる、ツアーの旅は苦手です。 が、今回はやむを得ずの旅となりました。 今回の旅の一番の目的は、白神山地のブナの林を歩くこと。 留守番をしてくれる主人には、ひたすら感謝、感謝の出発です。(*^-^) …
トラックバック:0
コメント:138

続きを読むread more

こだわりの名前

われもこうの花が、ひっそりと咲いています。 地味で素朴な花ですが、すくっと立つその姿が大好きです。 「われもこう」には色々な漢字が当てられています。 「吾木香」 インド原産の木香(もっこう)という薬草は、アザミに似た花をつけ、根を香料や健胃剤に用います。日本にも似たような植物があったので、その植物を「自分達の木香」とい…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

数年ぶりの再会

この花に初めて出会ったのは、数年前です。 安曇野から松本、そして上高地を旅したのは数年前の夏でした。 「安曇野」や「梓川」の名前に惹かれ、 その近辺の風景を、ずっと思い描き続けていたからです。 上高地に入り、初めて「梓川」をみたときの感動。。。 今でもはっきりと覚えています。 「これが、川の色?」 思わず目を…
トラックバック:1
コメント:46

続きを読むread more

心惹かれる花たち

娘との小さな旅では、本当によく歩きました。 長女が結婚するときにも、思い出作りの旅をしたことがあります。 そのときもよく歩いたことを思い出していました。 箱根湿生花園までの道程は、バス停からおよそ15分くらいでしょうか。 それなのに、その何倍も時間を要しました。 いつだったか、花猫さんが笑いながら言われたことがあ…
トラックバック:5
コメント:57

続きを読むread more