テーマ:

黄色に染まって

友人と何気なく立ち寄ったお寺ですが まさに紅葉の真っ盛り。 境内には黄色の世界が広がっていました。 小さな山門をくぐったとたんに 二人で大きな歓声をあげてしまいました。 きれいなレモンイエロにー染まった大銀杏が で~んと立ちはだかっていました。 その身体は、ふっくらと丸っこい形をしています。 何となく愛嬌があって…
トラックバック:1
コメント:40

続きを読むread more

心惹かれる風景

昨日はとびっきりの小春日和。 主人と一緒に県北へと車を走らせました。 主人は、慣れない家事と認知症の進んだ愛犬の世話で悪戦苦闘。。(*^-^) 私は、慣れない大都会で悪戦苦闘。。。反対方向の電車に乗ったりもしました。(*^-^) お互いに、「お疲れ様!」 ちょっとした慰労会のような気持ちで、北へ向かいました。 主人にとっ…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

興奮の連続!

次から次に、初対面の子たちとの出会い。。。 こんなに興奮しながら歩いたのも久しぶりです。 いくつかの、お気に入りの散歩道。 落ち込んだときに、ふっと行ってみたくなる心休まる場所。 心惹かれる県北の湿原や森林公園。。 そして、大好きな山々。。 どこに行っても、、どこを歩いても、野の花や山野草に出会うことができ その度…
トラックバック:0
コメント:74

続きを読むread more

野菊のなかまたち

子供の頃から、道端に咲く野菊の花が大好きでした。 思春期の頃は、憧れの人に「野菊」なんて名前をつけて 密かに日記の中で語りかけていたものです。(*^-^) 伊藤左千夫の「野菊の墓」が愛読書だったころ 民子と政夫のはかない純愛に憧れていたものです。 多感な時期の私にとって、野菊の花は、いっそう思い入れの深い花になりました。…
トラックバック:0
コメント:57

続きを読むread more

初めての鯉が窪湿原

運転の下手な私にとっては、初めての大冒険でした。 高梁川沿いにどんどん走り続けたその日、<前記事の続き> 思い切って、「鯉が窪湿原」まで足を伸ばしました。 こんな長距離を一人で走ったのは初めてです。 ちょっと心臓がぱくぱくしました。 鯉が窪湿原は、「西の尾瀬沼」とも言われています。 広大な敷地は、本当に自然のまんま…
トラックバック:2
コメント:51

続きを読むread more