散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いがけない出逢い

<<   作成日時 : 2006/06/30 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 61

画像

主人が帰ってきた翌日、紫陽花と蛍を見に行きました。

慣れない環境に、心身共に疲れているのでしょう。
自然の中で、ゆっくりと過ごしたい。。。そう思ったのだと思います。


紫陽花には、雨の日が一番よく似合うように思います。

お寺に通じる山道を歩いていると
ちょうど、ぽつぽつと小雨が降り始めました。

梅雨の合間の強い日差しの中に咲く紫陽花は
やっぱり可愛そうに思います。

「雨に当たることで、色が変化し、色にいっそう深みが増してくるんですよ。。」
お寺の和尚様に伺ったことがあります。

「この紫陽花たちはみんな、お地蔵様の化身なのですよ」
小さな房をいとおしげに撫でながら、和尚様が言われます。

「お地蔵様の化身」。。。なんて素敵な表現だろうと思いました。
慈しむ気持ちをもって、紫陽花を大事に大事に育てておられるのでしょう。

お寺の境内をゆっくりと歩いていると
一本の高い樹木に出会いました。
青々と茂る葉の間から、白い花がちらっと見えます。

そのときの驚きといったら!
わくわくしながら駆け寄っていました。
「お父さん!夏椿が咲いてる!」
思わず叫んでしまいました。

季節が巡るたびに、心惹かれる花はたくさんあります。
季節季節の花を見るにつけ、日本の四季の素晴らしさを思います。

この時期、雨に映える紫陽花や、「ねじばな」「どくだみ」は勿論そうですが
「夏椿」は、特別の想いがある花です。
初夏の花の中で、最も心惹かれる花かもしれません。

楚々とした白い花は、蒸し暑さを忘れさせてくれるほど
涼やかで、爽やかな空間をつくってくれます。
おくゆかしい雰囲気を感じます。
「沙羅の木」。。。この名前の響きも好きです。


ほとんどの花は、ぽたりと地に落ち
雨に打たれて、可愛そうな姿になっていました。
樹に留まっているのは、数輪の花だけです。

樹の下にもぐりこみ、感嘆のため息をつきながら
可憐な白い花を見上げていました。
ところが!??何か違うような感じがします。

近くで、ご住職の奥様が、様々な紫陽花について説明をされていました。

「あ〜〜それは、『桃色夏椿』なんですよ。ちょっとピンクがかかっているでしょう」

「桃色夏椿」・・・初めて耳にする名前でした。
透き通るような白い花弁が、本当にうっすらと桃色に染まっています。
「夏椿」よりも、花びらに透明感があるように思います。

雨粒を浴びた花は、ひっそりとして、神秘的に見えました。
小雨が落ちる葉の間から、そっと顔を出し
主人と私に何かを語りかけてくれているように思います。

「そんなに無理をしなくてもいいよ。。
ゆっくりでいいから。。。そのまんまでいいから。。。」


もうすぐ、土にかえってゆくのでしょう。
今の姿のまんま、ぽとんと落ちてゆくのでしょう。
その瞬間を見届けてやりたい。。。そんな気持ちにかられました。


紫陽花を見に来たのですが
偶然にもこの花に会えた喜びをかみしめていました。

鬼の城の山道に咲く「夏椿」も
もう花をつけているのでしょうか。

昨年の夏。。。
山道を登りながら、「夏椿」に会いに行った日を思い出しました。
やっぱり、途中から小雨が降り始めた蒸し暑い日でした。




色とりどりの外来種の紫陽花。。。。
種類も色も豊富ですね。
お寺の境内を埋め尽くす姿は、圧巻です。
境内の斜面から、真ん丸いブルーの房が、あふれるように垂れ下がっています。



でも、やっぱり「山紫陽花」に惹かれます。
その素朴さが何ともいえず好きです。
画像
白い色から、次第に紅色に染まっていきます。
「くれない山紫陽花」です。













画像
これは、「日向くれない」です。
こんなにきれいな深い青色をしているのに、「日向紅」とは。。。。
清涼感漂う青色が、次第に赤く染まっていくのでしょうか。

「今のまんまがいいなあ」
思わずそう思ってしまいました。





「日向。。。。〇〇君の所に咲く紫陽花か。。。。」
主人が、隣でつぶやきました。

東京の次女がお付き合いしている彼は、宮崎の人なのです。
日向男児なのです。(*^-^)

今の季節、この山紫陽花が、日向の里山にも咲いているのでしょう。
なんだか、それだけで身近に感じ、会えたことが嬉しくなりました。(*^-^)

ゆっくりと時間が流れていった一日です。



画像
他にも心惹かれる山紫陽花が咲いていました。











画像


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(61件)

内 容 ニックネーム/日時
長雨も 糧に紫陽花 色味増す
Akira
2006/06/30 00:29
桃色夏椿、初めて見せていただきました。
ホントにうっすらピンクがかっているんですね〜。
ウチの夏椿はもう終わりそうです。
anko
2006/06/30 00:43
夏椿なる花を始めて知りました。
雪椿があるんだから、夏椿があっても不思議ではないですが・・。
アジサイもいいですね。紫系のアジサイが好きです。
ご主人もリラックスされて良かったですね。
日頃は忙しいビジネスマンも、時々は自然に触れて癒される時間を持つ事は、絶対に必要だと思います。
山いろいろ
2006/06/30 06:49
赴任地から帰ってきたご主人とアジサイ見物にでかけるなんて幸せ一杯の気分ですね。単身赴任というのはイヤだと最初は思うでしょうがいざ現実になってみると色々いいこともあるのに気がつくと思います。ご主人にも花好きになっていただくと同行が更に楽しくなってきますから、これからもどんどん機会を作ってください。私の場合は最初は花好きの家内の案内役で走っていましたが、最近は家内を師としてすっかり花の旅にのめりこんでいます。蛍はいかがでしたか。ホタルブクロの花など手に持って蛍を誘いたいものですね。
目黒のおじいちゃん
2006/06/30 07:40
おはようございます。疲れたとき、花や木々のそよぎの中に身をおくと、エネルギーが充電できるような気がします。
夏椿、涼しげですね。ご主人とは離れて過ごしていますが、離れて見える、その人の良さも再認識されているのではないでしょうか?
湖のほとりから・・・
2006/06/30 08:07
久しぶりにお二人でゆっくりと花を楽しまれ、よかったですね。
思わぬ花とのめぐり合いもあってたっぷりとした時間でした。なかなかゆっくりと花を楽しむ時間もないでしょうご主人にとっても良い時間でしたね。
森の生活
2006/06/30 09:11
こんにちは、、一輪草さんが撮る丁寧な
花の写真の数々を見ていると、いつも
一輪草さんが、やさしい眼差しで花と向き合って
いる様子が彷彿としてきます〜
私は、ナツツバキとであったのは鎌倉で、
道行く人に教えてもらいました、以来
涼しげで好きな花になりました、、、
ご主人とのゆっくりとした散策の時間がもてて
何よりでしたね、、日向くれないとの出会いも♪〜
ドンとボスのママ
2006/06/30 11:23
こんにちは 紫陽花が綺麗ですね 疲れた心も癒してくれるようです
清楚な夏椿を見たとき思わず駆け寄ったその気持ちよくわかりますよ
こんな綺麗な山紫陽花を見ると気持ちが休まりますね!
ゆっくりといきましょうね 母も今日退院できました。
kumi
2006/06/30 16:17
桃色夏椿ですか?いいですねえ(^-^) 
「日向くれない」のエピソードに、お二人の慈愛のまなざしを感じ、ほのぼのしました(*^-^*) こんな優しいご両親に見守ってもらえる娘さんと日向男子くんですので、きっとうまく行きますね(^_-)-☆
みけ
2006/06/30 17:39
一輪草さん、こんにちは。
夏椿は涼しげで大好きです。
それと山紫陽花は本当に味があっていいなと思います。
次女様への愛情を感じますね。ご主人のやきもちもちょっとあるかな^^
ミントのみん
2006/06/30 18:24
目に飛び込んできたナツツバキはピンクが勝って
花の開きが大きい感じで『おや?』
『なんて・・かわいらしい〜〜』っと
思いました。考えてみればあるのですよね〜こんな色。
お二人にぽっと頬を染めたわけでもないでしょうが・・
それにヤマアジサイのどの花もいいですね〜〜
7月初旬に箱根に紫陽花を観に友人達と繰り出します。
もぉー遅いかなぁ〜お天気はどうだろ?なぁんて
あれこれ・・思ってる内も楽しいですよね。
日向くれない・・ですか?日向の名を冠してる花も多いのですね。
花びら『装飾花』のストライプも粋ですね。
佳いお花を見せて戴きましたぁ〜>ありがとぉ〜
nobara
2006/06/30 18:55
我が家にも沙羅の木植えていましたが暑さに弱くとうとう3本とも枯れてしまいました。友達が教えてくれました。別名夏椿ともゆうのよ。
清楚な花でした。
yuri
2006/06/30 19:14
こんばんは。
紫陽花は細い雨に似合いますね、、ちょうど良い状態でご主人とヤマアジサイをご覧になれて良かったですね〜♪
そして、特別な想いのある「夏椿」の花・・・、、去年の夏の鬼ノ城の山道で出逢った「夏椿」の忘れられない想いが蘇えったのでしょうか!?。
桃色夏椿、きれいですね。
一輪草さんの花へ向ける情感を伺うと、むしろ出逢った花たちが、幸運に思われて仕方ありません。
ヤマアジサイが、どれもきれいに撮れてますね〜♪
ロボット
2006/06/30 21:30
一輪草さんのところに来ると、
ガチガチにがんばってた時間が、
フッとリラックスの時間に変わります。
美しい物を見ると、変なところに入ってた
力が抜けるんですね。(^-^)
ここは、私の秘密基地って感じがします。
wakka
2006/06/30 22:01
単身赴任のご主人のところにいらしたり、ご主人が戻っていらしたり。いいですね。ご夫婦ふたりの時間を大事に大事になさってください。
相変わらず、お花の写真がきれいです。お花への愛情、深い思いがあるからこそですね。水滴のついた桃色夏椿の花が、語りかけていますね。どうぞ、今という時間を大事にお過ごしくださいね。
yu_mama
2006/06/30 22:19
やはり自然の中がリラックス出来ますね、良い時を過ごされて良かったですね。桃色夏椿綺麗ですね♪花や木もワクワクの出会いがありますよね(*^_^*)
みかん
2006/07/01 00:20
御主人といい時を過ごされましたね。
桃色ナツツバキの恥ずかしげなピンク色が印象的です。
私の大好きなヤマアジサイが沢山で、家で咲かせるヤマアジサイとは違って鮮やかな色です。
私も自然界のヤマアジサイが見たいです。
ろこ
2006/07/01 00:30
こんにちは(^^♪
私も先週お母ちゃんと紫陽花を見に行って来ましたよ。
生憎の雨の中、傘をさして見学コースをぐるりと
デジカメを片手に散策をしてきました。
雨の中の紫陽花鑑賞もなかなか良かったのですが
靴が泥だらけになったのが失敗でしたね(-_-;)
紫陽花って種類が多いのには驚かされました。
我が家の庭にも紫陽花が咲き始めたのですが
何となく色が悪く花が小さいんですよ。肥のやり方が
悪いんでしょうね。
話は変わりますが今晩、遠方より友人が三年ぶりに
訪ねてくるんですよ。その友人、ついこの間、腕を骨折して
腰の骨を移植したとかで少し心配ですが奥さんが
運転してくるそうですよ。今頃は栗東のあたりかな〜〜ぁ。
昨夜から楽しみで楽しみで・・・(^_^)v
リーゼント
2006/07/01 16:58
こんばんは。
夏に咲く、清楚で涼しげな花は本当にホッとしますね。
桃色夏椿ですか…。優しい淡い桃色ですね。
山紫陽花にも、心の緊張が解けるような優しい雰囲気があっていいですね。これからまた、一輪草さんの素敵な写真が見られるので、とても嬉しいです。
ブルーデージー
2006/07/01 20:44
今晩は〜〜雨に濡れて一段と綺麗ですね♪
これ程…雨が似合う花もないですね。
こんなに種類があって、みんな特別綺麗〜〜ウットリ♪・:*:・ ( ̄* )
satsuki
2006/07/01 21:05
外に出るといろんな出逢いがありますね。
私も昨日は、ちょっと遠出して来ました。
ここにも出てきたねじ花に会いました。
持って帰りたい!というわがままな気持ちでいっぱいになり、
落ちていた木の枝で掘り起こして持って帰ってきました。
本当はいけないんでしょうけど・・・
さっそくうちのプランターに植えました。
野に咲いていた時のまま、きれいに咲いてくれていますが、
このまま根がついてくれるか・・・
実は、他にも紫式部と紫陽花の枝を追ってきて挿し木しています。
ちょっととんでもないですね(苦笑)

きれいな紫陽花をたくさん。ありがとうございました。
夏椿、私も欲しいなーなんて欲張ったことを考えています。
空花
2006/07/02 20:32
Akira さん、こんばんは。深夜便を届けてくださってありがとうございます。今回もきれいにまとめていただきました。きっと和尚様の言葉から生まれた句だと思うのですが、私にはもっと別の意味にも解釈できました。そして、この句をAkira さんと共通のあるお友達の所にも届けてあげたいと思いました。長雨の意味を、人生の試練と考えると、そうしたすべての試練を糧に、人の心が育っていくのだと。。すべてを糧として、今の自分自身がつくられていく。。そんな風に解釈してしまいました。私は、その場でたくさんのことを書きすぎ、かなり後悔しています。できるものなら削除をと。。書いた後でそんな気持ちにもなりました。あまりにもひとりよがりなメッセージであったように思え、後悔しました。でも、なんとか気持ちだけは届けたいと思って。。。この句を届けてあげたらと思いました。何もできませんが、苦しい気持ちだけは痛いほど伝わってきました。
一輪草
2006/07/02 22:39
ankoさん、こんばんは!更新したらさ〜〜と飛んできてくださるのでびっくりしています。前回もそうでした。私が更新したら、合図でもあるのかな。(*^-^)ありがとうね。ホームページ、充実していますね。お花をクリックすると、真っ白い花に変身!もしかして、白い「瑠璃マツリ」では?
我が家の瑠璃マツリももうすぐです。楽しみ!去年の今頃、二人で必死になって探したのが「露草」と「ねじばな」でしたね。懐かしい〜。目も覚めるような鮮やかなブルーの露草が目に留まりました。とってもきれいに撮れていましたよ!腕前がぐんぐんアップしたみたい。(*^-^)ねじばなに会えたら、また教えてくださいね。私も、時間を見つけて歩いてみます。
一輪草
2006/07/02 22:52
山いろいろさん、こんばんは。また訪ねてくださってありがとうございます。私は、山登りは全く経験がありませんが、山は大好きです。山歩きに過ぎませんが、昨年は度々歩いていい出逢いに恵まれました。山いろいろさんは、生粋の「山男」なのですね。いい仲間達と大自然に挑む。。。その中で得られる感動はいかに大きなものなのでしょう。山いろいろさんは新潟の方でしたね。「雪椿」。。出遭ったことはありませんが、名前の響きにとっても惹かれます。「安曇野」という名前に抱く気持ちに似ています。(*^-^)同じですね〜。私も紫陽花はブルー系に惹かれます。他の花も、そうですね。主人の単身赴任が始まって、今までとは違う面も見ることができるようになりました。積極的に自然の中に飛び込んでいくこともそうですね。本当に言われる通りです。自然に触れることがどんなに大切な時間か。。。そんな時間があるからこそ、心元気になれるのですよね。
一輪草
2006/07/02 23:09
目黒のおじいちゃん、こんばんは!いつもありがとうございます。3個もコメントを書いてくださったのですね。(*^-^)九州横断の旅。。お疲れ様でした。次から次にたくさんのお花に出会えて、感激のし通しでしたね。興奮しながらカメラを向けられている姿が想像できます。中でも「ハナシノブ」に最も惹かれました。何ともいえない優しい色ですね。山並みハイウエーを走られたのでしょうか。私も一度、湯布院から阿蘇まで走ったことがあります。九州の山並みの美しさは格別でした。主人の単身赴任では寂しい思いをしていますが、そのおかげで嬉しい出逢いにもたくさん恵まれました。いいこともちゃ〜〜んとあるものですね。(*^-^)蛍は、たくさん見ることができましたよ。水がとってもきれいなので、大きな源氏蛍が飛び交っています。私の手の平にも飛んできましたよ。蛍は情緒があっていいですね。毎年この時期には欠かさず会いに行っています。
一輪草
2006/07/02 23:25
湖のほとりからさん、こんばんは!いつもありがとうございます。岡山はとっても蒸し暑く、ちょっとグロッキー気味です。湖のほとりはいかがですか。湖さんは、毎日毎日素敵な自然の中に身を置かれているから、エネルギーもたまりますね。(*^-^)あの「ルリイトトンボ」。。きれいでしたね〜。子供の頃、いととんぼをよく見かけました。よく追いかけては遊んでいたものです。今は、ほとんど見かけません。北海道では、目を見張る程珍しい命がすぐそばで輝いているのですね。湖さんの感性はますます磨かれていくことでしょう。「離れて見える、その人の良さも再認識されているのではないでしょうか」。。。湖さん!全くその通りなのです。(*^-^)友人に「新婚さんみたいでいいが〜」なんてからかわれましたが、「離れている」からこそ見えてくるものも確かにありますね。この機会を大事にしようと思っています。今のうちだけかも。。。(*^-^)
一輪草
2006/07/02 23:49
森の生活さん、こんばんは。いつもありがとうございます。森の入口。。森の生活さんは、いつもあそこから入っていかれるのですね。身も心も清めて。。(*^-^)私も、いつの日かそっと入ってみたいです。どんな世界が広がっているのでしょう。四季折々の風景を見てみたいです。主人の赴任先には庭がありませんから、お花のない生活です。だから、プランターをいっぱい買ってきて、お花の苗をたくさん植え込みました。今まで、水遣りなどほとんどしたことのない人でしたが、今では、仕事から帰ってくると花のご機嫌伺いをしてくれているようです。(*^-^)こうやって、興味、関心が花に向くことを願っているのです。それに、心にもお花が薬になりますよね。紫陽花を見に行こうか。。主人も疲れているのでしょう。その気持ちを少しでも癒すために、自然に触れることは一番いい方法ですよね。森の生活さんのようにはとてもなれませんが、ほんの少しでも近づけたらいいなあって願っているのです。(*^-^)そう思えば、単身赴任の生活もまんざらではないですね。自然大、大、大好き人間になれるかもです。
一輪草
2006/07/03 00:09
ドンとボスのママさん、こんばんは。いつも本当にありがとう!
ママさんの家庭菜園。。羨ましいでです。土をいじる生活に憧れています。主人が退職したら、市の土地を借りたいと思っているんです。ほうずきはほんとに懐かしかったですね。真っ赤に熟れたら、是非!紹介してくださいね。(*^-^)実は今日、父が初物の野菜をいろいろ送ってくれました。ズッキーニも入っていましたよ。収穫が早いのでしょうか。とっても大きかったのでびっくりです。大きなトマトも。。次回ブログで紹介しますので見てくださいね。父は、なかなかの凄腕みたいです。(*^-^)
夏椿を鎌倉で?初めて見たときは、あまりの可憐さにどきっとしませんでしたか。私はもう一目ぼれ状態でした。(*^-^)鎌倉はいいですね。北鎌倉も何度か歩きましたが、何度でも行きたい場所です。お寺を巡って、お花に出会う。。いいもんですよね。自然の中を主人とゆっくりと歩く。。これからもそういう時間をいっぱい持ちたいと思います。若返りますね!
一輪草
2006/07/03 00:27
先日行った「豊島園」の紫陽花祭りでもいろんな種類の紫陽花が咲いていました。
山紫陽花の小径では一輪草さんの撮られた写真と同じものも見ましたよ!
でも、この自然の中で活き活きと輝いている花達には
到底かないません。
豊島園に行けなくて正解かも(笑)

恥しそうにうつむき加減の桃色夏椿。
透明感が美しい花ですね。
ポタッと落ちるのがもったいないくらい・・・
はっしい
2006/07/03 00:41
kumiさん、こんばんは!ありがとうございます。先ず!お母様が退院されて本当によかったですね〜。おめでとうございます。お父様がどんなにほっとされているでしょう。kumiさんのご両親は本当に「寄り添いながら生きる」という言葉がぴったりのように思います。暑さに負けないで、元気に過ごされますように。。義母は、杖をつきながら家の中をゆっくりと歩けるようになりました。自分の家に帰れると、急に元気になったようです。「自分の居場所」というのは、大事なのですね。涼しくなると、車椅子に使って、街の中を一緒に散歩しています。身体が少しずつ元気になると、認知症の進行もゆっくりになったように思います。本当に不思議なものですね。お互いに、心配なことが次から次に起こりますが、ゆっくりゆっくり見守っていきましょうね。kumiさん!今年、蛍を見に行かれましたか。私は、主人と一緒に足守に行ったのですが、それはそれはたくさんの蛍でした。昨年は、美星に行きましたが、大きな源氏蛍でした。岡山にもまだまだ水のきれいなところはいっぱいありますね。嬉しいことですね!
一輪草
2006/07/03 00:45
みけさん、こんばんは。いつも本当にありがとう!足腰の痛みはもうとれましたか。無理は禁物!ですよ。ちょっと我慢して、ゆっくりね。(*^-^)
日向男児君と次女のお付き合いはとっても順調で、家にも泊まりにきたことがあるんですね。いつか次女の夢のことを書きましたよね。東京で同じ夢を追いかけている仲間なのです。もう数年したら結婚でしょうか。とってもいい子なんですよ。(*^-^)みけさん!森林公園を見てきました。紹介してくださってありがとう!かなり興奮しています。(*^-^)あ〜〜その時期に行きたかった!心をグサッと刺すようなお花が一杯過ぎました。(*^-^)やまるりそう。。本当に勿忘草そっくりですね。「止めて!」と叫ぶみけさんの声が聞こえてきます。(*^-^)ミヤマカタバミ、イワウチワ。。
あ〜〜この目で見たかった!一番惹かれたのは「キクザキイチゲ」。。もう感動です。私の一番好きな雰囲気を持っている花です。来年は、必ずこの花に会いに行きます!(*^-^)いい時間を過ごされたのですね。森林公園。。。また是非、行ってみます。ありがとう!
一輪草
2006/07/03 01:24
“椿”と言うとどうしても冬のイメージがあって、夏に椿が?なんて驚いた花でしたが・・・ブログでナツツバキの存在を知ってからは大好きな花になりました!優しい佇まいと暑い中に凛として咲く花、、、白い色のナツツバキは涼さえ感じさせてくれます。
久しぶりのご主人との花巡り・素敵な時間でしたね♪

2006/07/03 08:12
“長雨 〜 色味増す”は和尚さんのお言葉による紫陽花の特性と、一輪草さんの仰る(恐らく私が思い浮かべた方と同じ)方を重ね合わせての句です。人の気持ちはその時々で揺れ動きます。全く同じ事象に対しても、その時の心の置き所で違った捉え方をするのかも知れません。私も過去に恥ずかしいコメントいっぱい書いてます(苦笑)。でも、書き記されたものは紛れも無くその時の自分の本心であった筈です。全部消してしまうとその時の自分が可哀想です(笑)。それこそ、その頃の自分が今の自分の糧になっている筈なのですから。恥ずかしく思うのは明らかにその時より成長してる証拠だと思えばいいのではないでしょうか。
Akira
2006/07/03 10:06
薄っすらピンクの夏椿、可愛くて素敵ですね。
白い花しかないものだと思っていました(^_^;)
この時期、紫陽花がキレイですよね。
雨にも似合うし、心和ましてくれますよね。

神庭のお猿さん、会えなくて残念でしたね。
でも、また会えますよ♪
ひろっぴ
2006/07/03 23:20
ミントのみんさん、こんばんは!いつも長ったらしい文章を読んでくださってありがとうございます。ブログって、不思議な生き物のようです。それぞれの部屋にそれぞれの個性が光って。色々なブログがあるから、それぞれのよさが感じられるのでしょうね。私にとって、ミントさんの部屋は「生活の知恵」を学ぶ場所です。知らないことがたくさんあるなあって、実感します。知恵とアイデアのほとんどが、生活に密着しているところがいいですね。教えていただくことが本当に多いです。梅シロップがおいしそうですね。夏ばての身体がシャキッとするみたいです。私は「梅みそドレッシング」を作っています。野菜サラダに、かけるととってもおいしいのです。梅と、お味噌と砂糖をそれぞれ同量入れて、暫く置くと、いい味が出てきます。梅の使い方。。本当に色々ありますね。この日向男子君と、主人はとっても仲がよいのです。というよりも、完全に飲み友達ですね。(*^-^)二人とも、幸せそうな顔をして飲みまくっています。
一輪草
2006/07/03 23:54
nobaraさん、こんばんは!いつも本当にありがとうございます!nobaraさん、色々な場所でひっぱりだこですね。(*^-^)お花の名前を本当によく知っておられるのでびっくり!です。「桃色夏椿」。。本当に可愛らしいでしょう!この透明な白さがたまりません。恥ずかしそうにぽっと染まったピンク色もいじらしいですよね〜。nobaraさん、お部屋の中で、なんと!「ねじばな」と「つゆくさ」が輝いていました!もう発見されたのですね。昨年は、とってもあぶなっかしい場所で、危険を顧みずに激写されましたよね。(*^-^)私も、できるだけ時間を見つけて、ねじ花探しの旅に出ます!箱根の紫陽花ですか。。いいですね〜。あの有名な「紫陽花電車」に乗られるのでしょうか。ちょうど見頃な時期に出会えるといいですね。昨年は、箱根の湿生花園で「ゆうすげ」や「紫錦からまつ」に出逢い感動したものです。箱根もいいですよね。緑一面に染まった仙石原もきれいでしょうね〜。想像をしただけでもわくわくします。色々なことがあったけど、もう1年が過ぎたのですね〜。
一輪草
2006/07/04 00:12
yuriさん、こんばんは!ちっともお邪魔できないのに、毎回こうして訪ねてくださって申し訳ないです。本当にありがとうございます。かざりっけのない訥々とした語り口。。yuriさんの個性ですね。思いのまんまを綴っているところが、私にとっては凄く新鮮です。私はよく「きれいごとばっかり書いている」。。こんな風に言われていました。本当にその通りかもしれません。yuriさん!まりさん、くろさん、しろちゃんは元気にしていますか。前から聞きたかったのですが、どうしてしろだけ「ちゃん」がついているのかな。(*^-^)もう捨て猫は増えていませんか?夏椿と言う名前も素敵ですが、「沙羅の木」という名前にはもっと惹かれますよね。夏椿の密やかさには、なんとなく切ないものを感じてしまいます。そういう風情が「沙羅の木」という名にぴったりだと思いませんか。3本も枯れてしまったとは。。。なんて勿体無いのでしょう。泣きそうな気分になったのではありませんか。私は、この花を見るために、毎年山道を登ります。
一輪草
2006/07/04 00:30
ロボットさん、こんばんは。こちらこそありがとうございます。ロボットさんの文章は、理論整然としてとってもよく分かります。でもちっとも冷たさはなくほのぼのとしたものを感じるのはお人柄でしょうね。私は、コメント返しもいつもくどくどと。。(*^-^)もうすっかり自分スタイルになってしまいました!でも、「心のこもった」という風に受け止めてくださったら、とても嬉しいです!ロボットさんのご夫婦円満は、ブログからもしっかり伝わってきます。一番身近な子供達にとっては、最も大事なことだと私も思います。幼子は、心を育くんでいく場所を選べないのですものね。人の気持ちを思いやり、命を重んじる心だけは是非とも伝えなければと思います。ロボットさんのブログは、度々「問題提示」をしてくださいますね。(*^-^)「夏椿」は、亡くなった母の思い出につながるので私にとっては格別の花なんですね。だから毎年、この時期には山道を登って会いに行きます。私が、お花や自然大好き人間になれたのも両親のおかげかなあって思うことがあります。
一輪草
2006/07/04 22:23
wakka さん、こんばんは。本当にご無沙汰しているのに、こうして訪ねてくださって申し訳ないです。でも、とっても嬉しいです。私のブログが「秘密基地」のようなもの。。心の奥にズズズーと染みこんでいきました。なんと嬉しいことばでしょう!o(^▽^)oキャこんな感じです。前の記事で、ちょっと内緒話をしましたが耳に届いているでしょうか。長年、wakkaさんと同じ職種の方に同じ職場で接していましたから、とても身近に感じます。特に、緊急の場合のてきぱきとした判断と処置には目を見張るものがありました。wakkaさんの言葉からも、それと同じ雰囲気が伝わってきます。「甘えてはいけない」。。仕事をしていたとき、私もよく思ったものです。若い人たちをまとめていくとき、そう思いながら悩んだこともあります。でも、その後の「第1歩」をどう踏み出すかが大事なのですよね。wakkaさんの想いが伝わってきます。仕事をしながら、ゴスペルの時間を自分の「心の糧」にするためには、いかに大きな努力をされていることでしょう。あんまり頑張りすぎないようにね。睡眠時間もしっかりとって!体調を崩さないように気をつけてくださいね!
一輪草
2006/07/04 22:41
yu_mama さん、こんばんは!いつもお返事が遅くなってごめんなさいね。yu_mama さんのご主人は、長い長い間海外での単身赴任生活。同じ県内ですら寂しいのに、想像を超える時期があったことでしょう。母親が父親の役割もこなし。。子育ての大変さを実感されたことでしょうね。「よく頑張ってきたなあ」。。自分をしっかり褒めてあげてくださいね。それにしてもyu_mamaさんの文章力!o(^▽^)oキャぐんぐん吸いこまれるように読み進んで行きました。「最初から大変な思いを。。可愛そうに。。ショックだったろうなあ」。。ところが、ガ〜〜ンと!(*^-^)本当に凄い文章力でした!エッセイストとしてデビューしてください!yu_mamaさんの文章力には本当に頭が下がります。小さな子供たちは可愛いでしょうね。目の高さを子供達に合わせて、しっかりとお話を聞いてあげている姿が目に浮かぶようです。(*^-^)小さな感動にたくさん出会えているのではないですか。身体に気をつけて頑張ってね。お花のことをいつも褒めてくださってありがとう!下手だけど、心をこめて写しています。(*^-^)
一輪草
2006/07/04 22:58
みかんさん、こんばんは!いつもありがとう。みかんさんのブログ。。写真が本当にたくさんになりましたね。昨年、「複数画像の貼り付けの仕方」を皆さんから教えていただきましたね。(*^-^)ブログ生活もどんどん進んでいきますね。山室湿原。。いい所ですね。トキソウは大好きですが、自生の花を初めてみます。静かな感じがする花だと思います。ハッチョウトンボの赤い色もとても可愛かったです。今では、希少価値になっているトンボではありませんか。「伊吹山に行こう!」と思い立ったらすぐに行けるところがいいですね〜。私にとってはまだ未知の世界だけに、本当に羨ましいです。しばらくは、ちょっと無理かなあ。。いつか、最寄の駅で落ち合って、みかんさんに伊吹山を案内してほしいなあ。。。そんなことが現実になれば嬉しいですね〜!7月の中旬には、あの「ゆうすげ」が淡い黄色の世界を一面に広げてくれますね。惹かれる花だけに想像しただけでもわくわくしてきます。みかんさんの近くは、自然の宝庫ですね。伊吹山便り。。これから楽しみにしています。
一輪草
2006/07/04 23:13
ろこさん、こんばんは!ありがとうございます。単身赴任って、不思議なものですね。今はちょっと慣れましたが、最初の頃は、帰ってきた主人と玄関先で顔を合わせるのが何とも恥ずかしくて!照れくさいのです。最初の言葉が、なかなか出なかったり。。(*^-^)ろこさんにもそんな経験がありませんでしたか。友達に話すと笑われました!年を重ねるにつれて、夫婦で過ごす時間の大切さを感じますね。「これからが大事」。。そんな風に思います。桃色夏椿の色。。。本当に恥ずかしがっているようですよね。あまりにも可愛くて、しばらくその場を離れることができませんでした。桃色!というのではなく、かすかに色づいているところに惹かれるのでしょうね。ろこさんの部屋に「月下美人」が咲いていました。「月の夜に舞い降りた天女」。。こんな風に表現されていましたがロマンを感じますね〜。たった一日、それもたった数時間の輝きのために、まるまる1年を費やすのですから。愛おしいですよね。透き通るような白が神秘的です。いよいよ「サボテン特集」が始まるのですね。またお邪魔しますね。サボテンは、私にとって未知の世界なんですよ。(*^-^)
一輪草
2006/07/04 23:27
リーゼントさん、こんばんは。いつもありがとうございます。3年ぶりに再会したお友達はもう帰られましたか。「友、遠方より来る また楽しからずや」。。ですね。楽しい会話に楽しいお酒。。満ち足りたときを過ごされたことでしょう。年を重ねると、古くからの友達がとても懐かしくなります。それぞれに別々の場所で、別々の人生を送ってきたもの同士が旧交を温める。。そんな時間をとても大切に思うようになりました。だから、同窓会にはできるだけ参加しするようにしています。それぞれの人生を感じることで、自分自身を振り返ることもできます。紫陽花の種類は本当に多くてびっくりしますね。今は、ありとあらゆる外来種が出回っているし、品種改良が次々になされているからでしょうね。でも、人の手によって研究に研究を重ねて生まれた花は、可愛そうな気がして仕方ありません。フリルがいっぱいついたり、八重になったり。。。???と思ってしまいます。ありのまんま。。素朴なまんま。。自然の中に咲いているまんま。。。こんな花が一番ですね。だから、野の花や山野草に惹かれるのだと思います。
一輪草
2006/07/04 23:39
ブルーデージーさん、こんばんは。いつもありがとう!夏椿には、母の思い出があるので、毎年花を見に行きます。でも樹がだんだん大きくなって花の咲く位置がとても高くなるのです。去年も、もう少しで気がつかずに通り過ぎるところでした。下に落ちている花を見てはっとして、見上げたものです。山の中に咲いているから仕方ないですね。この桃色夏椿も楚々として何ともいえない優しい雰囲気でしょ。一目ぼれ状態です。(*^-^)
ブルーデージーさん、瑠璃マツリにも色々な種類があるのですね。名前が分からないときは、即ヘルプ!私も、いろいろな方によく助けていただきました。すぐにどなたかが駆けつけてくださる。。それもブログのいいところですね。どちらの瑠璃マツリも、素敵な色ですね〜。深いブルーが何ともいえません。我が家の瑠璃マツリ。。今年はまだ咲いてくれません。昨年かなり短く切ったので咲いてくれるか心配していましたが、やっと本当にやっと!蕾が膨らんできました(*^-^)爽やかな淡いブルーを見ていると、暑さも吹っ飛ぶようですよね。今か今かと心待ちにしています。
一輪草
2006/07/04 23:50
satsukiさん、こんばんは。いつもありがとう!そちらは、豪雨ですか。こちらは、雨は降っていませんがあまりの蒸し暑さにうんざりです。血圧のこと。。本当にびっくり仰天でした。友人も高いのですが、そこまでは。。市販の薬で効かないわけですね。義母が入院していたとき、体調を崩して病院にいくと尿検査で異常が見つかりました。きっと疲れがたまっていたのでしょうね。きっとsatuukiさんも頑張りすぎているのだと思います。不器用だから。。よく分かります。どの程度まで。。その加減が分からずついつい自分を追い込むことになるのですよね。「自分を大事に」。。言葉では簡単に言えるけどね。これも性分かなあ。。satukiさんも似ているのかもしれませんね。(*^-^)でも、今が大事ですよ〜。介護する人がまいってしまったら、どうにもならないものね。satukiさん!お互い、もっともっと自分を知らないといけませんね。そして、自分をかわいがってやりましょうね。これは、警告ですよ〜〜!お友達とたくさんしゃべってね。そういう時間を持つだけで、元気になりますよね。それから、デジカメ散歩ですね!(*^-^)

一輪草
2006/07/05 00:00
空花さん、こんばんは!いつもありがとうございます。空花さんの気持ちと全く同じです。私もなかなかブログにお邪魔できません。それなのに、こうして訪ねてくださる。。本当に嬉しいことですね。だから、せめてお返事だけでも心をこめたいです。空花さん、息子さんと素敵な休日を過ごされたのですね〜。さわがに。。とても懐かしいです。子供の頃、家の近くにたくさんいたのです。庭のすみっこでもよく見かけました。今から思えば不思議ですね。ちょこちょこと横歩きする姿。。可愛いですよね。今はほとんど見かけません。そんなかにに会いに、大自然の中に。。空花さんらしいですね。なんだか絵本の世界みたい。(*^-^)出遭ったかにとの会話。。想像すると楽しいです。マイナスイオンをいっぱい吸って、自然とのふれあいは「心の栄養補給」ですね。空花さんのコメント、楽しい!(*^-^)ちょっとした懺悔の時間みたいです。でも、優しい空花さんが心をこめて大事に大事に育ててあげたら、花や樹たちも、きっと喜んでくれますよ!ちゃんと根付いてくれるといいですね。毎日、毎日話しかけてあげると気持ちがきっと通じますよ!(*^-^)
一輪草
2006/07/05 00:09
はっしいさん、こんばんは。あんなに遅い時間に訪ねてくださってありがとうございます。寝不足になりますよ。(*^-^)桃色夏椿。。本当に透明感がありますよね。ぽたっと落ちる姿を見ると、やっぱり椿の仲間だなあって実感しますね。豊島園の紫陽花祭り。。あんなポスターを見ると、花好きな人なら誰でも行ってみたくなりますよね。はっしいさんもその一人ですね!私も、娘の部屋で行き方を調べたくらいですから。でも、つるあじさい。。本当に珍しいです。色々な種類があるのですね。実は、娘の所へ行ったとき、また新宿御苑を歩いたのですよ。それも小雨の中を3時間半も!(*^-^)大きな樹を見上げて、樹の「エネルギー」を感じながら、人気の少ない園内をゆっくりと歩き通しました。大きな真っ白い「たいさんぼく」の花が雨に打たれてちょっとかわいそうでしたね。
ゆりのきの巨樹にも再会でき、嬉しかったですよ。樹の下に入り込んで、しばらくの間じ〜〜と上を見上げていました。はっしいさんは、最近訪ねたことはありませんか。何度歩いても、気持ちが和む場所ですね。娘のことで嬉しいことがあったので、心を弾ませながら歩きました。
一輪草
2006/07/05 00:21
花さん、こんばんは。ありがとうございます。夏椿。。いい名前ですよね。でも、最初はやはりびっくりしましたね。椿という花は、厳しい冬の寒さを耐え抜いて耐え抜いて、たくましく花を咲かせる。。。。こんなイメージを持っていましたからね。まさか、夏に咲く椿があるとは。。驚きでした。我が家には今「夏すみれ」という花が咲いています。蒸し暑く日差しの強い夏に咲く花。。。そう思うだけで愛おしくなりますね。頑張っているなあって。。花さんは、この花にブログで出遭ったのですね。私も、ブログで珍しい花にたくさん出会えました。花さん、童謡って本当にいいもんですよね。花さんも「みかんの花咲く丘」が好きと知って、本当に嬉しかったです!前奏を口伴奏することもできるんですよ。(*^-^)童謡はいつ聴いても懐かしい匂いがしますよね。母の思い出や故郷の土の香りや、大地を通り抜ける風の音や、、悲しい歌もありますが、それを含めて童謡が好きですね。花さんの部屋で、今度はどんな童謡が聴けるでしょう。。楽しみにしています。(*^-^)
一輪草
2006/07/05 00:31
Akiraさん、こんばんは。また戻ってきてくださってありがとうございます。やっぱりそうでしたか。お友達の部屋で、Akira さんのコメントを目にしたものですから、この句を読んだときすぐに結びつきました。長雨を糧に。。。本当にそのとおりですね。私は、自分自身にもあてはめて考えてみました。私が後悔したのは、過去の自分をさらけ出したことではないんですね。それ自体は、ちっとも恥ずかしいなんて思ってはいないんです。ただ、自分が夢中になって書いた「自分自身のこと」が、「今」を苦しんでいるお友達に、どんな意味があるのだろう。。。かえって何も書かずに通り過ぎたほうがよかったのでは。。元気になって戻ってこられたときに、声をかけるべきではなかったのか。。。なんて色々考えてしまったのです。でも、今はAkiraさんが言ってくださったことがとてもよく分かります。それを書いたときは「そのとき」が真実なんですよね。その一瞬一瞬の真実を消していったのでは、自分がなくなってしまいますね。「自分がかわいそう」。。本当にそのとおりです。
一輪草
2006/07/05 00:45
字数制限にかかりました。(*^-^)続きです。
時間の経過とともに、感じることが変ってしまうということは余りありませんが、色々と考えてしまうのは、やっぱりポジティブではないですね。真剣に向き合ってくださってありがとうございました。

一輪草
2006/07/05 00:46
ひろっぴさん、こんばんは。いつもありがとうございます。ブログにちっともお邪魔できていないのに、本当に申し訳ありません。桃色夏椿。。本当に可憐ですよね。私も夏椿には白い色しかないと思っていました。出会えてよかったです。神庭の滝の赤ちゃん猿さん。。また出てきてくれますよね。もう少ししたら、長女がお産の為に里帰りしますので、そのときにでも連れて行ってあげます。今、ちょっとお邪魔してびっくり!須磨水族館に行かれたのですね!神戸は主人の実家があり、家は須磨区でした。あの忌まわしい震災で全焼してしまいましたが。。。子供達が小さい頃は、神戸に帰る度に、連れていっていました。水族館を見て、それから須磨の海岸で泳ぐのです。水族館は、子供達の大好きな場所でした。わ〜〜懐かしいです。子供さんたち。。大喜びではなかったでしょうか。あの頃、らっこがいたのですが。。今でもいましたか。とっても可愛かったです!
また、ゆっくりお邪魔させていただきますね。
一輪草
2006/07/05 00:56
此方にお邪魔する度に、何時も心洗われる思いでおります。
綺麗な、花たちに会える喜び。
疲れているとき、ほっとします。
「夏椿」の、ほんのりピンク。
「くれない山紫陽花」の、優しいピンク。
いやしていただいて、ありがとう御座いました。。。
今回のご主人との時も、癒しの時で在りますように。。。
美衣弥
2006/07/05 01:54
二人のいい時間ですね。沙羅は一日で散ってしまうんですね。読みながら、くれな〜い、くれな〜い、くれないホテル〜という歌を重いださしました。西田佐知子かな、あじさいのアップがきれいです。
sakuragipo
2006/07/05 04:03
小雨の中、静かにお花を眺め、語り合い、旦那様も心身ともに癒されたのでしょうね。
桃色夏椿、素敵な名前ですね。
お花は可愛らしいというよりもなんでもわかって受け止めてくれるようなそんな感じがします。

紫陽花はお地蔵様の化身。
ひとつひとつのお花が愛おしくなりますね。

お忙しい毎日をお過ごしの一輪草さん。どうかお体を大切にお過ごし下さいね。
花猫
2006/07/06 00:01
伊吹山に行きましょう\(^o^)/
もし出かけられる日がありましたら言って下さい、伊吹山に一緒に登ってゆっくり花の写真を撮りましょう。これからが良いですね、一面のお花畑です。この山は登山道がしっかりあるし、人も沢山なので一人歩きも大丈夫だと思います(まだ一人では行っていませんが(^^ゞ)高い木々もなく琵琶湖を見下ろしながら歩くのは爽快です。
早く梅雨が明けると良いですね
みかん
2006/07/06 09:30
私も夏椿も紫陽花も大好きです。残念なことに今年はまたどちらにも会いにいけていませんが・・・夏椿の楚々とした風情のなかにある清々しい潔さ 紫陽花の雨に打たれながらもすっくと咲く強さの影で移ろいゆく憂い・・・花の言葉に耳を傾ける時間っていいですね。
のらペンギン
2006/07/07 22:09
美衣弥 さん、こんばんは。いつも本当にありがとうございます。お邪魔もできていないのに、ごめんなさいね。あわただしくてコメントもなかなか書けなくて申し訳なく思うのですが、ブログを続けておられるだけでも。。今はそう思うようにしています。「疲れているときほっとする」。。こんな風に言ってくださることが本当に嬉しいです。なんだか元気が出ます!(*^-^)美衣弥 さん、最近お仕事を始められたのですね。生活のリズムがちょっと変ったのでしょ。責任のある仕事を請け負うと、精神的にも肉体的にも疲れることが多いですよね。私の中の美衣弥 さんは、誠実でとってもひたむきなのです!(*^-^)お仕事頑張りすぎて身体を壊さないように気をつけてくださいね。この「桃色夏椿」。。本当に何とも言えない優しい雰囲気の花ですよね。心が疲れたとき、こんな色を見るとほっとしますね。自然の力って、本当に凄いと思います。自然の中に身を置いていると、心も体も開放されて、心底「癒される」という気持ちを実感できますね。み〜やちゃん、美衣弥さんが忙しくなったので、拗ねているのかな(*^-^)
一輪草
2006/07/07 22:59
sakuragipo さん、こんばんは。また覗いてくださってありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ありません。sakuragipo さんのブログは、毎日春爛漫ですね。色々な種類の桜が次から次へ。。よほど桜がお好きなのですね。名前の由来もそこからでしょうか。「桜色の人生」も謳歌しておられるようですし。。ひょうひょうと生きる。。こんな言葉が浮かんできます。神戸の元町によく行かれるのですか。主人の実家は神戸なので、帰る度に三宮から元町はよく歩きます。勿論中華街も。主人のお気に入りの喫茶店も、元町にあるんですよ。「くれない〜くれない〜」。。くれない紫陽花。と続くのかと思えば、なんと「くれないホテル」ですか!(*^-^)思わず笑ってしまいました。西田佐知子さんの歌は「アカシヤの雨がやむとき」。。残念ながらこれだけです。(*^-^)sakuragipoさんの、ひょうひょうとした生き方?これからもその世界を紹介してください。あ、そうそう、コメントを二つもくださっていたので、一つ削除させていただきますね。


一輪草
2006/07/07 23:19
花猫さん、こんばんは!いつも本当にありがとうございます。花猫さんのお名前を見つけるとほっとするから不思議です。花猫さん、ブログを通しての繋がりって、本当にいいもんですね〜。今日はしみじみ嬉しくなり、「ずっとずっと続けるぞ〜」なんて思ってしまいました。お友達が元気になって本当によかったですね。グラスを合わせて「乾杯!」といきたいような気分です。(*^-^)「お花は、なんでもわかって受け止めてくれる」
。。。私もそう思います。お花が、自分の心の鏡のように思うことが本当にあるのですよね。不思議な体験だと思うのです。「受け止めてくれる」。。それだけでほっとできますね。私も、人に対してそうありたいと思います。私は、みちのべに佇む小さなお地蔵様が大好きなのですが、野の花は、もしかしたらみんなお地蔵様の化身かもしれませんね。だから、人の心をこんなにも慰めてくれるのかな。。花猫さん、色々気遣ってくださって本当に嬉しいです。花猫さんこそ、お仕事がとってもお忙しそうです。時間も不規則みたいですし。。。やりがいのあるお仕事なので、心が満たされることも多いでしょうが、体には気をつけてくださいね。
一輪草
2006/07/07 23:38
みかんさん、こんばんは!また戻ってくださってありがとう(*^-^)伊吹山に登ること。。去年からお話していますね。昨年は、宿まで決めていたのに、台風の影響でロープーエイも運転中止になり、なくなくあきらめたのでした。今、パソコンの横に素敵なちらしがあります。(*^-^)「さわやか伊吹山!雲の上のお花畑」。。。(*^-^)日帰りツアーの広告なのです。
4時間の散策ですって。写真の頂上は、ピンク色に染まっています。(*^-^)琵琶湖を眼下に見下ろしながらの山登り。。想像しただけでもわくわくしてきます。みかんさん!今年の夏はどう考えても無理みたいです。ブログをずっとずっと続けますから、(*^-^)来年は是非!案内してくださいね
ツアーは時間の制約があるので、思う存分花に会うことはできません。写真もゆっくり撮りたいし。。みかんさん!一緒に写真を撮りましょう!そんな日を楽しみにしています。伊吹山便り。。。心待ちにしています!
お知らせくださって、ありがとう!
一輪草
2006/07/07 23:57
のらぺんぎんさん、こんばんは!今日は、私にとってもとても嬉しい日になりました。花猫さんにもお話しましたが、ブログでの繋がりっていいもんですね。現実のお友達となんら変らない。。心の声が聞こえてくる。。なんだかそんな気もちがします。ぺんぎんさん、私のブログ生活においても「夏椿」は記念すべき花なんですよ。(*^-^)昨年ぺんぎんさんが6月14日に「夏椿」の記事をアップされました。その日が、私のブログの誕生日なのです。母の思い出につながる清楚な夏椿を見て嬉しくなり、すぐにコメントをさせていただきました。とっても緊張しましたが。。(*^-^)そんな夏椿に、今年は私の方が先に出会えたのですね。「桃色」がつきますが。。(*^-^)そういえば、大好きな「ねじばな」の花を全く同じ日の同じ時間帯にアップしたこともありました。だから、ますます親近感が沸いてきたのです。(*^-^)ぺんぎんさん、これからも色々なことがあると思いますが、どんなときでも「出口」はきっと見つかることを信じて、一日一日を誠実に過ごしていきましょうね。

一輪草
2006/07/08 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
思いがけない出逢い 散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる